セミリタイヤ者は、家で引きこもってコロナ対策。

コロナ蔓延の中、働かないことは身を守る最強の武器になると思います。

 

働くために、会社にいかなくてもいいです。家にいたければずっと引きこもってもいいんです。

 

セミリタイヤは時間の使い方が自由なんです。移動はしないで自宅で待機。

政府の要請通りにおとなしくしているじゃないですか、なんと素晴らしい。

自宅で引きこもっていた人には金一封を与えるべきですよ。

 

それとも、コロナに感染していない人にもお金を配れば、みんなおとなしくするかも。

実際にメリットが無ければ、若い子たちは自粛要請なんか気にしないで遊ぶと思います。

 

緊急事態宣言が当たり前になってきましたね。またかぁ。暫くすればまた解除されるし問題ないから遊んじゃえ~。

もう1年以上も続けると、いい加減飽きてきますね。

 

しかもマンボウとか意味わからん。

 

名前を可愛くしちゃったら効果ないんじゃないかと思います。

もっと、やばい名前を付けた方がいいんじゃないかな。

 

異常大量致死宣言とか。なんどもやってたらインパクトが薄れちゃうので、どぎついやつにしましょう。

 

コロナのCMとかもACに訴えらえるくらいに危険なやつに。

 

政府からのメッセージ効果が無いんですよね。威厳が無いとか。

 

今日も東京のコロナ感染者が3700人。

7月に確かこのままいくとお盆の頃に3500人とか預言していましたね。

 

もうすでに、4000人を突破しているのは想定外なんでしょうか?

 

政府も自宅治療をすすめているけれど、医療崩壊しているんじゃないかな。

 

自宅で、一人呼吸困難になったらと思うとぞっとしますね。

 

救急車を呼んでも、病院が決まらないそうですからそのまま脂肪する確率が高くなっています。

 

呼吸困難くらいなら自宅らしいです。死ぬかどうかという状況でやっと病院に入れるとか。

 

1年以上も経っていまだに何も対策をしてこなかった政府にはあぜん。

 

結局は、他人事なんでしょう。病院の空室率が多いので、政治家や上級国民は優先的に病院にはいれる仕組みがあるのかもしれないけれどね。

 

国民は政治家を信用していない。国民のために働く政治家が少なかったからでしょう。

それが悪循環になってさらに政治の低レベル下がすすんじゃったんじゃないだろうか。

 

ひどく、不幸だと思います。

 

オリンピック増税が来そうですね。

オリンピックを延期と無観客にしたことで4兆円の費用が無駄になってしまいました。

 

ふるさと創生資金と同じくらいに無駄金を使った事業ですね。

 

これらの費用は税金として回収されるお金になると思われます。

 

減税などは無く、ずっと増税が続くしかなさそう。

 

他にもコロナ関連、各種給付金などで国庫は空の状態。日銀が国債を買いまくって支えている状態ですが、いつまで続けることができるでしょうか?

 

アベノミクスが始まってから、ずっと日銀さんが買い増ししてバランスシートがパンパンに膨れ上がっています。

 

ようやく、株の買い支えは少なくなってきました。そろそろ買い支えは限界に近い状態です。

 

コロナ後は、世界が変わってきます。デジタル化で産業の変化もすさまじいと思います。

 

日本はかなり遅れてしまっているので、ここから更に差が開いていくことと思います。

 

忘れ去られた先進国として、だれも見向きもしない国になるでしょうね。

 

物価が安いから外国観光客が来ているだけだという真実を考えましょう。

決して魅力があるから来ているだけではないんです。

 

物価が高くなれば、来なくなると思います。

アベノミクスの円安、低所得、低物価の功罪ですね。

 

 

 

 

室温34度の極暑で扇風機のみ。

すっごく暑いです。

 

室温が34度。室内にいるより外の日陰にいた方が涼しいと思います。

 

扇風機だけで、34度が耐えられるかというと何とかなりそうではあります。

 

ただ日中のピークだけで、夜間が30度以上だと苦しくて眠れなくなりそうですよ。

 

その昔、熱中夜は25度以上といわれていましたが、今なら25度は快適に睡眠できますね。

 

幼少の頃は、30度だと滅茶暑いと思ってクーラー付けていました。滅多に30度を超えなかったと思いますよ。

今では30度どころか35度が普通の夏になってきました。

 

これも温暖化なのでしょうかね。冬の気温も下がらなくなってきたし、体感的にはここ30年で5度位上昇したような感覚です。

 

あと30年もしたら、東京でも40度超えになるんでしょうかね。

30年後はまだまだ生きているだろうから、夏は苦しくなります。

外で運動なんて、凶器のさた。

 

オリンピックは東京ではできなくなるかもしれないですよ。

 

 

 

 

アストラゼネカはちょっと怖いかな。

コロナワクチンのクーポンですが、モデルナになっています。

 

モデルナアームとか、ファイザー製より少し怖い感じですよね。

 

職域接種とかもモデルナらしいので、会社関連はファイザーじゃないんですね。

 

高齢者はほぼファイザー製なので、安心感あって良いですよね。

 

 

40歳以上で緊急的にアストラゼネカの接種が始まると新聞に出ていました。

 

アストラゼネカ血栓で死亡などの報告も上がっているので、結構怖いです。その上で効果が低いという話もあります。

モデルナで仕方ないかと思って会場にいったら、アストラゼネカだったら接種やめちゃうかも。

 

このところの感染者急増で、嫌々でもワクチンは打った方が良いのかなと思い始めています。

 

 

 

 

緊急事態宣言の4府県追加なるも効果は限定的?

緊急事態宣言の大阪、神奈川、千葉、埼玉が追加されました。

 

すでに、緊急事態宣言が発令されている東京が過去最高の感染者数を突破し4000人に迫る勢いです。

 

緊急事態宣言が発令されてからコロナ感染者が増加している所を見ると、もはや緊急事態宣言自体の効果は薄れているのだと思います。

 

オリンピックで金メダルラッシュによる効果で感染者も増えているかも知れません。

街で市街で飲んだり食べたりしていますし。

ここのところ、明るい話題がなかったので、余計になにか騒ぎたいという気持ちがあるのだと思いますね。

 

ストレスが溜まりまくっていて、それがオリンピックで解放されてのかも。

いつまでも自粛していられないですし、強制力の無い宣言でよく頑張ったと思います。

他国は、強制的なロックダウンでしたから、抑えらえました。

 

ワクチン接種しても新たな強いウィルスが出現したりして、どこで終息するのか先が見えないのも問題なんでしょうね。

もう、今日明日が楽しければ良いなんて、それが一番楽な考えですからね。

 

先を考えすぎても行動できませんし、今日明日だけでも近視眼すぎるだろうと

バランスが大切ですね。

 

 

 

 

 

難聴のその後。

温泉療法の3週間目です。

 

2か月超えても改善しています。

 

音の立体感というかそういうのが出てきました。

 

ただ、1000Hzから上の聴力が低下しているので高周波はあまり聞こえていないです。

 

声もなんだか籠っているような声が聞こえています。

 

私が通っている耳鼻科では2000HZまでしか計測しませんが、人が聞き分けられるのは20000Hzまでです。1000Hzだと20分の1程度の周波数です。

 

セミの声とかは高周波なので全く聞こえません。

 

音楽とかも籠って声が大きく演奏が聞こえないという変な感じになります。

 

これじゃコンサートとかは言っても楽しくないでしょうね。

 

車のクラクションとかはわかるので、自転車は大丈夫かも。

片耳だとどこからクラクション鳴らしているのか方角が全く分からないですから。

自転車にまた乗れるのはうれしいです。

 

車も大丈夫でしょうね。

 

とりあえずは、聞き取りにくい状態でなんとか生活していくしかありません。

回復までの残り期間は、あと1か月。発症から3か月超えると回復の見込みはなくなって治療は終了するらしいです。

 

ここが勝負です。コロナは怖いけれど、温泉にできるだけ行って回復を祈ります。